ある生徒(もしくは児童)の保護者から医師から麻疹と診断

Q4-[1]:ある生徒(もしくは児童)の保護者から医師から麻疹と診断されたとの連絡をうけました。学校として必要な対応は何でしょうか?

 まず、校医・園医に相談の上、監督部署(市区町立の幼稚園・学校の場合は教育委員会、保育所の場合は福祉課等、私学の場合は私学振興室等)と、保健センター・保健所にご連絡ください。麻疹が施設内で拡がる事を防ぐには、麻疹にかかった方を確実に隔離することと、麻疹に対する免疫のない周囲の方に、ワクチン接種などの対応を至急とることが必要です。国立感染症研究所感染症情報センターでは、文部科学省・厚生労働省監修のもと「学校における麻しん対策ガイドライン」を作成いたしました(http://idsc.nih.go.jp/disease/measles/guideline/school_200805.pdf)。
 麻疹を発症した生徒(もしくは児童)が発生した場合の対応の詳細とともに、学校等における発生を防ぐために必要な平時の対応が記載されていますので、ご参照ください。なお、本ガイドラインhttp://idsc.nih.go.jp/disease/measles/guideline/school_200805.pdf
は、2008年4月に、国立・公立・私立をあわせた全ての学校に配布されています。

Q4-[2]:同じクラスに麻疹にかかった児童・生徒がいた場合、どのように指導したらよいでしょうか?

 まず、そのクラス、あるいは学校等の施設に所属するすべての子どもさんの母子手帳等をみてもらい、麻疹にかかったことがあるか?もしくは麻疹ワクチン(MRワクチン、MMRワクチンを含む)をうけたことがあるかを確認してもらってください。麻疹にかかった記録が確実であればまず心配はありませんが、母子手帳等に、麻疹にかかった記録がなく、しかも麻疹ワクチン(MRワクチン、MMRワクチンを含む)をうけた記載もない場合は、速やかに麻疹ワクチン接種を実施するよう、かかりつけの医師などに相談するよう説明してください。麻疹ワクチンを受けたとの記録がある場合も含めて、今後2週間程度、毎朝、登校前に体温を測定することを指導すると良いでしょう。もし、37.5度以上の発熱がある場合は、学校へ連絡するとともに、医療機関を受診することを勧めます。医療機関を受診する際には、その子どもさんのクラスには麻疹を発症した人がいることを事前に電話連絡してから受診するよう、伝えてください。

Q4-[3]:なぜ保育所、幼稚園、学校において、Q4-[1], [2]のような対応をとる必要があるのですか?

 Q1-[1] にあるように、麻疹は感染力が極めて強いため、周囲にいる麻疹に対する免疫のない人に感染を拡げてしまう恐れがありますので、周囲の方の免疫の状態を早急に確認し、適切な対応(Q4-[1])を迅速にとる必要があります。また、麻疹は重症化の可能性があり、大人に比べると小児は、麻疹に対する免疫がない人の割合が比較的高いことと、閉鎖された室内では、麻疹の感染が効率よく起こることが知られていますので、室内で集団生活を行っている保育所、幼稚園、学校等では特に注意が必要です。

Q4-[4]:保育所の中で、麻疹と診断された子どもがでました。同室で保育をしていた0歳の園児の保護者に対しては、どのように指導したらよいでしょうか。

 まず、生後6カ月までの園児については、母親の麻疹ワクチン接種歴、麻疹罹患歴を確認してください。もし、いずれもない場合は、園児、母親ともに麻疹に対する免疫を持っていないため、発症してしまう可能性があります。園医あるいはかかりつけの医師に速やかに相談するように指導してください。
 もし、生後6カ月までの園児で、母親に麻疹ワクチン接種歴あるいは麻疹罹患歴が有る場合は、園児は妊娠中に母親から麻疹に対する免疫をもらっていますので、罹る可能性は低くなります。
 生後6カ月以上の園児については、母親の麻疹ワクチン接種歴、麻疹罹患歴に関わらず、母親からの免疫は少なくなっています。 0歳児は麻疹ワクチンの定期予防接種の対象ではありません(Q3-[5] )が、このような状況では、麻疹と診断されたお子さんと接触後、72時間以内の麻疹ワクチン接種が発症予防に効果的である場合がありますので、園医あるいはかかりつけの医師に速やかに相談するように指導してください。